ハロウィンは新しくなる。主催者を決めればゴミ、交通の問題は解決する。

主催者を決めて、ハロウィンを盛り上げろ!

現状のハロウィンの問題は主催者がいないことにあると考えている。僕の地元埼玉県狭山市では、毎年8月に七夕祭りが行われ普段では考えられない人数が狭山市の道路に押し寄せお祭りを楽しむ。

ここで何が言いたいかというと、普段人が来ない場所に大勢人を集めてお祭りをやっても次の日、七夕祭りが行われた場所が荒れ果ててることはありません。ここに僕は注目してほしい。

ポイ捨て、泥酔、問題が多いハロウィンを変えられる

ハロウィンの問題を思いつく限りあげてみると

  1. ゴミ
  2. 交通整備
  3. マナー
  4. 喧嘩

があげられます。実際どうだったかTwitterを参考に見てみると

Twitterを見ていてもハロウィンの問題は山積み。でも希望の光はある。

警察の対応を見ればわかる。

今年のハロウィンから交通規制が必要だと感じたら渋谷駅前を歩行者天国にする対応を取りました

この結果去年より事故の危険性は格段と減ったし、何より誰かが先頭になって整備する重要性を感じました。

正しく運営すればハロウィン効果で経済が回る

忘れちゃいけないのがハロウィンの経済効果。

ハロウィンにちなんだ買い物をする人に今年の予算をたずねると、全体の平均は4,958円で、男性は5,328円、女性は4,669円だった。

こんなにも人が多いハロウィンで一人当たり衣装に平均5000円かけている。ってだけでも恐ろしいことだと感じる。

・入札で主催者を決めたらどうか?

これが僕の考え。ハロウィンの1週間前ぐらいから渋谷区の歩行者天国にする一帯をハロウィンイベントで貸し切れる入札会などをやって主催者を決め手はいかがだろうか?

入場料を取るもよし、出店を出すもよし、ライブにしてもよし各企業が入札してやりたいことを渋谷区使ってやったらどうだ?

僕は、サイバーエージェント、楽天、もしくはクラウドファンディングとかで西野亮廣さんとかが主催してやってくれたら面白いイベントになるんじゃないかな?なんて感じたが、別に入札でやりたい企業が様々なことを考えてやっていければ面白いものが出来上がると思っている。

入札じゃなくて投票コンペとかでも面白い。

馬鹿にしないで多めに見よう。

何かと話題になるハロウィンだけど、経済を活性化させ、ゴミ拾いを積極的にやる人たちも増えている。数こそ力じゃないけれど、日本中をこんなにも熱狂させるイベントごとはない。

・いい方向へハロウィンを導かないか?

みんなで考えてハロウィンを楽しむ方向で考えないか?そうすればハロウィンがあることによって恩恵を受けれる人は確実に増える。マイナスなことばかり言う世の中で本当にいいんですか?

スポンサードリンク
スポンサーリンク
SponsoredLink
SponsoredLink

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
SponsoredLink